ごみピット発火監視装置、超高輝度照明装置

メンテナンス

赤外線カメラはごみピット上部に設置され、24時間稼働しております。
監視面は常時エアーパージを行っておりますが、完全に埃の付着を防ぐことは不可能です。
性能維持の為にも年に一回のメンテナンスをお勧めしております。

 

お客様のシステム構成、経過年数、過去のメンテナンス状況により、お勧めのメンテナンス内容は異なります。
下記をクリックしていただき、メールでお問い合わせください。

 

メンテナンスについてのお問い合わせ先(E_mail)

稼働10年を超えたシステムについて

稼働10年を超えたシステムについては機器の入替やシステムの更新をお勧めしております。全て更新、一部機器入替等ご提案致しますのでお気軽にお問い合わせください。
故障してからの対応となると設計製造に2ヶ月〜4ヶ月程度必要になり、その間未監視状態となる可能性があります。
TAM−PFA型、TAM−PFB型、TAM−PFC型につきましては既に手に入らない部品も多数発生しており、今後故障箇所によりましては、修理不能となる場合もあります。

 

TAM−PFA型交換可能、不可能部品一覧(PDF)
TAM−PFB型交換可能、不可能部品一覧(PDF)
TAM−PFC型交換可能、不可能部品一覧(PDF)

 

機器入替についてのお問い合わせ(メール)

メンテナンス (Maintenance)関連ページ

製品 (Product)
発火監視装置(TAMシリーズ)、超高輝度照明装置(UIH−1、UIH−2、UIH−3)、半導体ウエハー断面形状測定装置(WEMS、VSSW)等、測定装置製造メーカーサイト
修理 (Repair)
発火監視装置(TAMシリーズ)、超高輝度照明装置(UIH−1、UIH−2、UIH−3)、半導体ウエハー断面形状測定装置(WEMS、VSSW)等、測定装置製造メーカーサイト